かおぞら
青空に顔があるから「かおぞら」。 空が見せてくれた一瞬の表情を一生大切にするために。 写真・詩:林木林(はやしきりん)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空のウィンク
空のウィンク
2008年8月2日 18:27 世田谷区 馬事公苑で見つけた顔空
(写真・言葉:林木林 はやしきりん)

今年の夏は、知人Aさんから声をかけて頂いたので、
せっかくだからと、
なんとなんと世田谷区民まつりで
詩集と絵本と詩葉書の販売をしました。

お祭の露店で本を売る詩人…?
もしかすると日本でただ1人かもしれないぐらい珍しい経験です。

大きなお祭なので、人手はとても多いのですが、何しろお祭です。
場違いな居心地の悪さを感じつつ、
炎天でアイスクリームみたいに溶けてしまいそうでした。

そんな中、本や詩葉書を買ってくださった方たちがおられたのです。
ほんとうに嬉しくて、心底ありがたかったです。
なかなかできない貴重な経験であったと思います。
体で学んだことは多かった2日間でした。

夕方、ふと見上げた青空がウインクしているではありませんか。
よくがんばったね、そう言ってくれているみたいでした。
カメラを持ってきていてよかった☆
空のウインク写真を撮りました。

いつも意外(笑)な場所にお誘いくださるAさん、
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 かおぞら. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。